×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

ベータカロチンとは

ベータカロチン(βカロチン)とは緑黄色野菜などに多く含まれる色素のことです。
ベータカロチンは体内に取りこまれると摂取量の約六分の一ほどがビタミンAに変化します。
残りの六分の五のベータカロチンは体の中で発生し続ける活性酸素の除去(抗酸化作用)をしています。
また制癌作用や老化防止にも役立つとされています。
ベータカロチンは脂溶性なので大量に取りすぎると体内に取り残されてしまうため、過剰摂取は厳禁!
特に妊婦などは赤ちゃんにも影響が出てしまうので注意が必要です。
またベータカロチンは脂溶性のため食品など(かぼちゃやにんじん、モロヘイヤ、ひじきなど)から摂取する場合
油で炒めたり揚げたりして、油脂と一緒に摂ると吸収率がアップします。
またベータカロチンと同じ抗酸化作用があるビタミンCやビタミンEなどと摂ると効率よく摂取できるようです。
こういったものはマルチカロチンなどサプリメントなどでも摂りやすい補助食品が沢山市販されています。

ベータカロチンの効能

ベータカロチンは体内に摂取されると一部がビタミンAに変化しますが変化した際は
「プロビタミンA」とも呼ばれます。「プロビタミン」の「プロ」は「前」という意味だそうで
ベータカロチンは「ビタミンになる前の成分」ということになります。
ベータカロチンは悪玉コレステロールの増加を抑え、動脈硬化や心筋梗塞などの
怖い病気を予防してくれます。またベータカロチンは癌予防にも効果があるとされています。
またβカロチンは皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる働きをするそうです。
にきびなどの改善にも効果があるとされていますので、にきびの他シミ・しわの改善や
肌荒れなどの予防にもベータカロチンの摂取は欠かせないといえます。
ベータカロチンが不足していると、爪がもろくなり、乾燥肌や抜毛の原因などにもなるそうです。
下痢が慢性的になりやすい人などもベータカロチンの不足が原因のひとつといわれているそうです。
ベータカロチンは肺炎予防にもなるとされていますが、タバコを吸う人や空気の悪い都会などでも
肺でベータカロチンが多量に消費されることがわかっているため、気をつけて摂りたい成分です。

スポンサード リンク

ベータカロチン(βカロチン)のサプリメント

ベータカロチンを積極的に摂ることが好ましいのは、喫煙者・子供・年配者ですが
理由としては、ベータカロチンが肺炎や多臓器不全を予防できるということです。
お年寄りや小さな子供がインフルエンザや風邪などにかかったときに併発してしまう
肺炎は時には命にもかかわることがあります。ベータカロチンを常日頃から摂取していることで
肺の炎症や活性酸素などから守ってくれるというわけです。
ベータカロチンが不足すると骨の造骨細胞の動きが鈍くなり、骨が弱くなったり歯や歯茎が弱くなること
がわかっているそうです。育ち盛りの子供やお年寄りには欠かさないようにしたいものです。
食べ物ではかぼちゃやにんじんもろへいやなど緑黄色野菜に多く含まれていますが、
食べ物で摂取しきれない分をサプリメントでうまく摂取していきたいものです。
ベータカロチンのサプリメントを摂取するときは同じ抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンEなどの
サプリメントと併用して摂ると吸収率がアップしてよいそうです。

Copyright © 2008 ベータカロチン(βカロチン)の効果・効能とサプリメントについて

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。